南大阪軟式野球連盟規約(旧泉州パワーズリーグ)

Kiyaku_5

.

.【名 称】 

本連盟を泉州パワーズリーグと称する。(略称:SPL)

【目 的】 

連盟所属球団で行うリーグ公式戦により優勝を競うと

共に、各球団の親睦を高めることを目的とする。

【資 格】  

1.本連盟の資格は次の各項の条件を備えた球団とする。

2.所属球団の推奨により首脳会議において承認を得る事。

【役 員】 

会長・副会長(2名)・会計・事務局長・広報室・記録室

【ルール】

1.基本ルールは、全日本軟式野球連盟ルールに準ずる。

2.試合中に発生したトラブルはチーム同士で話し合いをし、

  最終判断は審判に委ねる。

【形 式】 

1.1チーム1回戦の総当りの11試合、リーグ計66試合で

  実施。(合計12チーム)

2.試合時間は1時間40分を超えて次のイニングには入らない。

  1時間50分で終了。 (随時審判判断)

3.試合途中時間切れの場合は前回のイニングまでを成立とする。

  (審判容認)。 

  但し、後攻の同点、引き分けは認める。グラウンド側からの中止

  要請の場合は前の回にて勝敗を決定。

4.勝点制を採用。(勝利:3点、引分:1点、敗戦:0点)

  ※勝点が同点になった場合は、プレーオフで直接対決。

5.(試合成立最低イニングを4回とする)降雨の場合はその回までは

  行い、以降は3者協議により決定する。一方的な展開で4回が

  成立しない場合はこれを採用しない。

6.SPL内での選手の貸し借りは禁止。(リーグ公式戦)

【タイトル】

1.全日程終了後、優勝チーム・各個人タイトル獲得者を表彰する。

2.リーグ戦-首位打者、打点王、本塁打王、最多勝、最優秀選手

  (MVP)⇒優勝監督選出

3.打者の規定打席は、試合数×2打席とする。(18打席)

4.投手の先発責任回は4回とする。※時間切れにより4回を終了

  しない場合は、完投した先発投手は勝利投手の権利を得る。

【その他】

1.グラウンド整備は、両チームが行う。 

2.個人成績は各チームスコアブックに記録し残しておくこと。

  リーグ戦終了後記録の提出願います。

3.試合後、勝利チーム監督は対戦結果の報告をメールにて

  広報室までお願いします。

.